ご挨拶

ご挨拶

 
会長: 鴨志田 義功  挨拶

 

 

 

 初夏の候、会員の皆様におかれましては、益々ご清祥のことと存じます。

 平素は同窓会活動にご厚情をいただき、誠にありがとうございます。

 

 

 この度、平成30年4月1日より鶴見大学歯学部同窓会神奈川県支部(鶴友会)会長に就任することになりました。青山前会長が6年間にわたり鶴友会を執行し、確固たる基盤を築いていただいたその後を引き継ぎ、さらなる発展をしていきたいと考えています。幸いにも、前執行部の多くの先生方が支援と協力を申し出ていただき、新執行部を組織することができました。任期の2年間で行いたいことは沢山ありますが、その幾つかを記述させていただきます。

 

 

 まずは「情報の整理と発信」です。現在は溢れるほどの情報が行きかっています。玉石混合で個人の時間や能力では如何ともしがたく思います。我々は開業歯科医師として同じ様な境遇と悩み、疑問等を持っていると推測されます。これら溢れる情報から重要なもの有用なものを手分けして整理、解説し少しでも会員の利益になる、為になる情報が伝達出来たらと考えています。医療保険はもちろん、医療管理や医療法、広告、労働関係などの分野で有用と思われる情報を「垂れ流し」ではなく、きちんと整理して、理解しやすく伝達できるようにしたいと考えています。その場合はもちろん、インターネットを使い、素早く、費用をかけずにお伝えしたいと思います。そのためには会員みなさまのメールアドレスが是非とも必要です。

 次には会員間の親睦を図ることです。執行部は会長以下理事・監事・顧問を含め35人で会議とうにて顔を合わせ、十分な親睦を図りつつあります。会員については、学術講演会、新年会などのイベントや会報、名簿の配布など、さらに、地域別の連絡会なども計画しております。

 さらには本部同窓会をはじめとした、他団体との連絡・協議についてですが、会員の意見や要望を県歯科医師会や本部同窓会に届けることも重要と考えます。私は神奈川県歯科医師会副会長、鶴見大学歯学部同窓会副会長を委嘱されているので、会員の皆さんの意見や要望は必ず、県歯執行部、本部同窓会執行部に届けることができると思いますので是非、利用をしてみてください。

 

 

 さて、以上、いろいろと記述しましたが、いずれにしろ会員の先生方の支援がなければ充分なことはできません。情報に目を通す少々の時間と会費の拠出をお願いして、私からの挨拶とさせていただきます。

 

 

 

 

2018年6月吉日